加圧トレーニングで腰痛治療を受ける時の流れ

加圧トレーニングというと、スポーツジムなどで行うイメージがありますが、保険診療を行える整骨院や整形外科などでも取り入れているところが増えていて、腰痛治療としても活用されています。

もちろん、保険診療を行わない自由診療の整体院やカイロプラクティックなどでも、腰痛治療の1つとして行っている所も増えています。

整骨院や病院で加圧トレーニングを受ける場合、まずは診察(問診)を受けます。

病院によって予約が必要なこともあるので、初診はどのような形で受けられるか確認しておき、腰痛などの治療についても聞いておきましょう。

流れとしては、受付を済ませたら問診票に症状を記入します。

その上で、診察の時には腰の痛みやどのような違和感があるか、原因が分かっている場合はそれもきちんと説明します。

その後、医師によって痛みの度合いや動作などを確認し、加圧トレーニングが効果的かどうか判断され、処方が必要となった場合は加圧トレーニングによる腰痛治療を受けることができます。

ただ、直接的に腰痛の症状を改善するわけではなく、筋トレによる筋力強化の結果、体にかかる負担に耐えうる肉体を作るのが1つの目的となります。