知っておきたい腰痛で筋トレをするデメリット

腰痛になってしまったら、痛みを緩和することも必要ですが、それと同時に根本的に腰痛を改善していくことも大切です。

そのためには、腰周りの筋肉を鍛えて負担を減らすのが一番なので、筋トレがもっとも適した改善方法と言えるでしょう。

ですが、腰痛を患っている中で筋トレをするとデメリットもあるのです。

筋トレのデメリットは、過度の負荷をかけすぎると腰痛がさらに悪化してしまうことがあるということです。

腰痛のために筋トレをしようとすると、ついつい無理をしてしまい、そのせいで余計に負担がかかって痛みが増してしまうのですね。

筋トレをするのは悪いことではないのですが、やりすぎは腰を痛めてしまうことになるため、専門知識のあるトレーナーに指導してもらって行うようにしましょう。